エビリファイは抗精神病薬のひとつです。ドーパミンを安定させ、統合失調症を改善することが期待出来ます。

title

エビリファイが効果を発揮する症状

統合失調症とは、以前までは精神分裂病とも呼ばれていた精神的疾患の一つです。

統合失調症は、主に厳格や幻聴、妄想などをはじめとする諸症状が出たりするほか、異常・奇異行動が見られる場合があります。

そして、気分障害にも含まれるうつ病とは、抑うつ的な気分や焦燥感のあらわれ、意欲などの低下、悲しみや不安といった感情が常に続いている状態などが見られる精神障害です。

これら統合失調症やうつ病の症状はドーパミンの機能や量でコントロールされやすいものなので、そのドーパミンに影響を与えるエビリファイは、有効な薬とされている訳です。

作用機序

通常、これまでに統合失調症の治療薬として用いられてきたことが多かったのは、定型抗精神病薬という分類の薬でした。

しかし昨今では、非定型抗精神病薬という分類の薬を使用する流れに変わってきています。

これは、そちらの薬剤の方が効果が及ぶ範囲が広がったほか、副作用に関する問題が減ったから、という利点の多さが理由です。

そしてその非定型抗精神病薬の中でも、パーシャルアゴニストの作用機序が特徴的なエビリファイは、ドパミン・システム・スタビライザーともよばれています。

ドーパミンの量を調整する

細胞の一つ一つには実に多くの受容体というものがあり、薬はその中から該当の治療に必要となる受容体を探して結びつこうとします。

エビリファイの場合は、ドパミンD2という受容体に結びついて作用し、もしドーパミンの量が通常よりも足りなくなっていた場合には量を増加させるアゴニスト(ドーパミンと同等の働きを促す物質)の作用をし、逆に過剰になってしまっている場合には、その量を抑えようとするアンタゴニスト(ドーパミンの活性化を押しとどめる物質)としての作用を見せます。

こうやって、うまくドーパミンの量を調節してくれるのです。

セロトニンの過剰分泌も防ぐ

統合失調症の症状というのは陽性と陰性とに分けられますが、陰性の中でも無気力状態という症状の場合には、セロトニンの量が過剰に分泌されている事が要因とされています。

というのも、セロトニンが活発化して量が増えると、ドーパミンがその働きを抑えつけられる形になるためです。

エビリファイはドーパミンの場合と同様、セロトニンに対しても、その量を増加・もしくは抑制し減少させる作用機序(アゴニストとアンタゴニストの部分作用)がありますので、セロトニンの活発化を抑える事で、逆にドーパミンを開放させてバランスを保たせる事につながるのです。

統合失調症への効果

統合失調症によく見られる症状に関しては、主に陽性と陰性という二つの症状に分けることができますが、いずれの場合もドーパミンやセロトニンの量をコントロールすることで、その症状をやわらげたり回復に向かわせたりすることが可能です。

幻覚や幻聴や妄想などの陽性に該当する症状の場合は、その原因となるドーパミンの量過多の状態を少なく抑え、逆に意欲の低下や感情の起伏の消失など、陰性に該当する症状の場合には、その原因となるドーパミン不足の状態を増やす方向へと促せばよいわけですから、その役目を果たしてくれるのがエビリファイというわけです。

効果が出始める時間

統合失調症の改善が期待されるエビリファイですが、成人の場合、通常は1日に6mgから24mgの量の服用を維持し(当初だけは6mgから12mg)、1日に30mgまでの服用とするようされています。1日に1回での服用でも良いですし、もしくは2回に分けての服用でも問題はありません。

あとは患者の年齢・症状なども考慮して、薬の量を減らす場合もあります。ちなみに服用を開始しても、すぐに安定した効果が見られるようになるわけではなく、そのような状態になるまでに、おおよそ2週間ほどの期間が必要とされています。そのため、一度服用したあとは、2週間を空けずに量を増やしたりすることなどは、避けたほうが望ましいでしょう。

半減期

通常、薬には「半減期」というものがあります。

まず、薬を投与した際に患者の血液の中に、その薬がどのくらいの量まで行き渡っているのか、という状態を示す「血中濃度」という指標があるのですが、その血中濃度が一定の量まで高まっていかなれば薬の効き目はあらわれません。

そして、その薬の血中濃度が半分にまで減っていってしまうまでにどのくらいの時間がかかるのか?というのを示すのが、「半減期」です。

エビリファイにおいては、その半減期は平均約61時間とされています。

通常、薬というものはこの半減期をむかえてしまうと、そこそこ効き目がなくなっていってしまうことをもあらわしているため、エビリファイは1回服用してから次に飲み足さなければいけなくなるまでの期間が長い、と言えるでしょう。

穏やかに効くで副作用は少ない

エビリファイは、以前まで主流だった「定型抗精神病薬」という分類のものとは違い、「非定型抗精神病薬」に分類される薬です。

前者のタイプの薬だと、数々の副作用があるために医療関係者・患者を悩ませてきたことが難点だったものですが、後者のタイプの薬には、あまりその心配がありません。

それというのも、定型抗精神病薬の場合は効果が強くあわられやすい反面、副作用もまた顕著だったためです。

逆に、非定型抗精神病薬はゆるやかに効いていくタイプの薬のため、あわせて副作用のリスクもおさえることができているのです。

icon