エビリファイは剤形の種類が豊富な薬として知られています。錠剤、OD錠、散財、内用液、注射製剤の5種類です。

title

エビリファイの剤形

エビリファイという薬剤には、様々な形状のものが存在します。 錠剤タイプ、OD錠剤タイプ、散剤タイプ、内溶液タイプ、注射製剤タイプ、などです。

錠剤タイプは代表的なものとして、先発薬開発元である大塚製薬の「エビリファイ錠1mg」(ほかに3mg、6mg、12mgも)や、武田デバファーマのジェネリック医薬品「アリピプラゾール錠3mgアメル」(ほかに6mg、12mg、24mgも)などがあります。

288エビリファイという薬剤には、様々な形状のものが存在します。錠剤タイプ、OD錠剤タイプ、散剤タイプ、内溶液タイプ、注射製剤タイプ、などです。 錠剤タイプは代表的なものとして、大塚製薬の「エビリファイ錠」や、武田デバファーマの「アメル」などがあります。OD錠タイプには大塚製薬の「エビリファイOD錠」や、武田デバファーマの「武田テバ」などがあります。また、散剤タイプには大塚製薬の「エビリファイ散」、共和薬品工業の「アメル」などがあります。内用液タイプについては、武田テバファーマの「武田テバ」などがあります。そして注射製剤については、先発薬の開発元である、大塚製薬が出しています。

錠剤について

エビリファイには色々なタイプの薬剤がありますが、やはりスタンダードなものが錠剤タイプとなります。錠剤タイプは代表的なものとして、先発薬の開発元である大塚製薬の「エビリファイ錠1mg」、「エビリファイ錠3mg」、「エビリファイ錠6mg」「エビリファイ錠12mg」や、共和薬品工業のジェネリック医薬品である「アリピプラゾール錠3mgアメル」「アリピプラゾール錠6mgアメル」「アリピプラゾール錠12mgアメル」「アリピプラゾール錠24mg」などがあります。

エビリファイ持続性水懸筋注用タイプは便利ですが、使用できる条件が限られているのでそれが使えない人に対してですとか、まずは普通の錠剤タイプからはじめて様子をみる、といった感じで使われています。

OD錠について

エビリファイOD錠とは、口腔内崩壊錠のことです。Orally Disintegrating Tabletを略しています。口の中に入れただけで、すぐ溶けるように作られています。

ザイディズ技術という、フリーズドライを応用した技術を利用していて、通常の口腔内崩壊錠よりも、すぐ口の中で溶ける仕組みになっています。

規格としては、3mg・6mg・12mg・24mgが発売されています。

飲みやすい味になっているのですが、一包化がむずかしく、すぐ溶けてしまう性質から、濡れた手ではさわれない、パッケージから出したあとは崩れやすい、などのデメリットもあります。

散剤について

それほどスタンダードなタイプではありませんが、エビリファイには散剤タイプの薬剤もあります。

代表的なものとしては、先発薬の開発元である大塚製薬の「エビリファイ散1%」のほか、共和薬品工業の「アリピプラゾール散1%アメル」 、東和薬品の「アリピプラゾール散1%トーワ」、日医工の「アリピプラゾール散1%日医工」、大原薬品工業の「アリピプラゾール散1%オーハラ」、ニプロの「アリピプラゾール散1%ニプロ」、にプロESファーマの「アリピプラゾール散1%ヨシトミ」、Meiji Seikaファルマの「アリピプラゾール散1%明治」、大原薬品工業のアリピプラゾール散1%オーハラ」、などがあります。

内用液について

エビリファイには色々なタイプの薬剤がありますが、やはりスタンダードなものが錠剤タイプとなります。錠剤タイプは代表的なものとして、先発薬の開発元である大塚製薬の「エビリファイ錠1mg」、「エビリファイ錠3mg」、「エビリファイ錠6mg」「エビリファイ錠12mg」や、共和薬品工業のジェネリック医薬品である「アリピプラゾール錠3mgアメル」「アリピプラゾール錠6mgアメル」「アリピプラゾール錠12mgアメル」「アリピプラゾール錠24mg」などがあります。

エビリファイ持続性水懸筋注用タイプは便利ですが、使用できる条件が限られているのでそれが使えない人に対してですとか、まずは普通の錠剤タイプからはじめて様子をみる、といった感じで使われています。

注射製剤について

エビリファイには、注射製剤タイプの薬剤もあります。持続性注射剤、すなわちLong Acting Injectionを略し、LAIとも言われています。ほかのタイプのものより、効果が持続しやすい注射剤として、メリットがあります。肩、もしくは腰の下のあたりの臀部に筋肉注射を行うやり方になります。

エビリファイの有効成分が、少しずつ血液中に溶け出していくことにより、効果が約1ヶ月ほど持続する、といった点が特徴です。

服用する手間がありませんし、飲み忘れを防ぎやすく、また、副作用が少なくなる、減薬する際の身体への負担があまりない、などのメリットがあります。

icon