エビリファイにはいくつかの剤形があります。そのうちの一つが注射製剤(エビリファイ持続性水懸筋注用)です。

title

エビリファイには注射製剤もある

これは、統合失調症に効果があるとされています。起きる割合が高い副作用としては、以下のようなものがあげられています。

アカシジア、注射部位への疼痛、注射部位への紅斑、注射部位の硬結、注射部位の腫脹、体重増加、などです。服用するタイプだと飲み忘れなどが起こりがちですが、注射での投与だとその心配がなく、また、患者が自分の判断で薬の量を勝手に減らしてしまう、といったリスクを避けることもできます。

そして、服用をするよりも注射での投与の方が効果が持続しやすく、さらには副作用が起こりづらい、などのメリットもあります。

再発防止に優れた注射製剤

注射するタイプのエビリファイが何よりも便利で画期的なのは、1ヶ月に1回だけの投与で済む、という点にあります。

服用するタイプのものだと飲み忘れのリスクが出てきてしまったり、通常だと毎日1回ずつの服用が必要なので、どうしても面倒に感じてしまうかと思います。

しかしながら、統合失調症の治療において正しい量で薬の服用をきちんと続けていかなければ、病気の改善どころか、治りかけても症状が再発するリスクが高まってしまいます。

その点、注射での投与であれば、月に1度だけ病院に行くだけで済むのです。もし行くのを忘れてしまっても、医療関係者側が指摘してフォローをしてくれるでしょう。

そのため、統合失調症の再発防止にとても役立っているのです。

希望する場合は病院へ

注射するタイプのエビリファイは、通称「LAI(Long Acting Injection)」とも称されており、その効果が長く持続しやすいという利点がありますが、手軽に薬局や通販で手に入れて、自分で勝手に使えるというものではありません。

統合失調症の患者が誰でも選択できる投与方法というわけでもなく、あくまでも症状が落ち着いている患者や、症状がなおりかけている患者の再発防止に向けた治療方法なのです。

ですから、もし自分がこのLAIを取り入れてみたいと思った場合は病院に行き、医師と十分に相談の上で、治療の可否の決定をすることになるでしょう。

エビリファイの注射で気をつけること

様々なメリットがある注射タイプのエビリファイですが、同時に副作用の問題があることも、忘れてはいけません。

糖尿病に関連するケースでいえば、「糖尿病性ケトアシドーシス」や「糖尿病性昏睡」などといった、死亡にまで至ることもある重大な副作用が出てきてしまう可能性があるので、薬の投与をしている間は高血糖の徴候や症状などに気を付け、血糖値にも十分に注意をはらっていく必要があります。

また、糖尿病である・もしくはその既往歴があるなどの患者には、治療において、その危険性よりも有用性の方が勝ると考えられる場合のみ、投与するべきとされています。そしてその際にも、血糖値の測定などで十分に観察を行っていくことが必要なのです。

icon