エビリファイを使うためには病院で処方せんをもらわなければなりません。ですが、通販サイトを利用すればその必要なく購入出来ます。

title

エビリファイを通販で入手

通常、エビリファイを日本国内で入手しようとした場合、病院に行って医師の診察・診断などを受けてから処方箋をもらう方法が、一般的になります。

ただ、いくつかの問題があって、その方法での入手が困難な患者さんもいます。

たとえば病院に行くまでの距離の問題です。

生活圏内に行ける病院がない、距離がありすぎる、もしくは移動手段がない、もし通院が必要になった場合に何度も通うのは難しい・・・など、様々な事情があります。

そのほかには金銭的な問題です。病院までの交通費が高い、病院で医師の診察にかかるための医療費が払えない、公的医療保険に加入していないために診察が受けられない、などです。

しかしながら、そういった場合には通販に頼るという方法もあるので、自分なりのメリット・デメリットを確認した上で活用してみるのも、有効な手段です。

通販とはどういうもの?

もしエビリファイを通販で入手しようとした場合、海外通販サイトを利用することになります。医薬品を個人輸入するという方法になるわけですが、いくつかのルールや注意点が存在します。それらを正しく理解した上で、病院で医師から処方してもらう方法を選択するのか、こういった通販を利用する方法を選択するのか、を決めるようにしましょう。

通常、海外通販を利用する場合は輸入代行業者を介す方法が一般的ですが、これはあくまで、個人の代理で注文を受け付けるだけになります。医師の処方箋が不要な分、その薬の品質や安全性、もしくは正規品かどうかなどが保障されているわけではありませんので、注意が必要です。

病院と比べるメリット

ルールや注意すべき事項を正しく理解した上であれば、海外通販を利用して医薬品を入手することには、病院に行って医師の診察を受けて薬を処方してもらうよりも、様々なメリットがあります。

まず、病院に行きたくても遠距離だったり、移動手段がなかったり、通い続けることが難しかったりする問題は、とにかく楽に入手できるこの方法でクリアーできます。

しかし、それだけではありません。病院で処方してもらうより、通販で購入する方がはるかに安価にすませることができる、という点が、何よりも大きなメリットと言えるでしょう。

やはり、長く薬を飲み続けることが重要な病気である場合は、それだけ診察代や薬代がかさみやすくなるわけですから、金銭的な負担が減らせるのは喜ばしいことですし、同時に、ある程度の精神的な負担も減らせるかもしれません。

海外製のジェネリックとは?

エビリファイもそうですが、通常、医薬品というものは値段が高いことが多いです。

しかし、薬の特許が切れた後は、同じ成分ながら比較的もとの薬より安い「ジェネリック医薬品」として他社でも製造・販売することが可能になりますので、患者側にとって、そのジェネリック医薬品を選択し使用することは、医療費を抑えられるというメリットで、とても助かることになります。

そして世界各国に流通しているそんなジェネリック医薬品ですが、その5分の1に占める割合を、インドにおける製薬会社が製造していると言われています。

それというのも、インドの法律においては薬の製造に関しての特許は問題なくても、成分に関しての特許は認められていないといった点が、ジェネリック医薬品の市場を活性化させている要因と考えられています。

人気のジェネリックをご紹介

もともとエビリファイを開発したのは大塚製薬ですが、2015年の4月にその特許が切れています。

こうなると、やはり他社はこぞってジェネリック医薬品開発・製造の着手にかかっています。

患者側も同じ成分で安価なジェネリック医薬品の方が魅力的に感じられるわけですから、多くのエビリファイジェネリックがこれまでに流通しています。これまでに、「東和薬品」、「MeijiSeikaファルマ」、「日本ジェネリック」、「武田テバファーマ」、「高田製薬」、「沢井製薬」、「共和薬品工業」、「キョーリンリメディオ」、「日医工」、「大原薬品工業」、「ニプロ」、「ニプロESファーマ」、「陽進堂」などの企業が、エビリファイのジェネリックを製造・販売しているような状況です。

アリピプラゾール(インタスファーマ)

エビリファイのジェネリック医薬品の中で人気のあるもののなかに、インドのインタスファーマ社製造の、アリピプラゾールというものがあります。薄いピンク色の、丸い形をした錠剤です。

品質の安全性が高いと言われている会社です。

アリップMT

エビリファイのジェネリック医薬品の中で人気のあるもののなかに、トレントファーマ社製造の、アリップMTというものがあります。薄い黄色っぽい色のタブレット剤です。

インドでも大手の会社で、2006年の4月には日本法人も設立しています。

アリピゾル

エビリファイのジェネリック医薬品の中で人気のあるもののなかに、サン・ファーマ社製造の、アリピゾルというものがあります。シュガーピンクっぽい、小さな丸い錠剤です。

インドに本社がある、国際的な製薬会社で有名です。

icon